車を買う前に読んで欲しい、本当は怖~い維持費の話

新生活
スポンサーリンク

車を購入すると車両本体価格の他に維持費がかかります。その維持費を甘く見積もると痛い目にあいます。

僕の友達にこんな人がいました。
新卒1年目で夢のマイカーを購入!
ルンルン気分なのは束の間、「保険料に駐車場代、まさかこんなに維持費がかかると思ってなかった!」と嘆くことになりました。

そうです。彼は車検、自動車税、保険、燃料、駐車場などの維持費を全く考えずに車を購入してしまったのです。これらは車をはじめて購入する人が陥る典型的なワナです。

彼の二の舞になってほしくないという思いから、本記事では、車の購入を考えている人に向けて
・維持費って何があるのか?
・長期的にいくら払うのか?
について解説します。

この記事を読めば、
車の購入・維持に関するお金周りを把握でき、
予想外の出費で苦しむことが無くなるでしょう。

スポンサーリンク

結論:維持費は3年で100万円以上かかる!

車両本体価格以外に、車両購入後3年で100万円以上の維持費がかかってしまいます。

年間維持費の目安は、
「軽自動車で30万円/年」
「コンパクトカー・ハイブリッドカーで35万円/年」
「ワンボックスで45万円/年」

程度です。

車種別自動車維持費一覧

この表は、年間維持費のおおまかな内訳です。
次の章では、維持費の項目をより詳しく解説していきます。

【支払い頻度別】車購入後2年間で払うお金

初期費用(店への支払)

・車両本体価格
店頭で表示されている価格のことです。車検が切れていても、車検代は含まれておりません。

・車検費用+税金(中古車で車検が切れている場合):10万円
中古車でかつ車検が切れている場合、販売店で車検を通してから納車になります。自動車税などの税金もここに含まれます。通常、車検費用は車両本体価格とまとめて払います。

・点検、メンテナンス費用
多くの販売店では、購入後の2~3年間、点検、オイル交換などのメンテナンスや故障対応を、お得な価格で受け持ってくれるパック商品を売り出しています。
日産中古車販売店で日産ノートを購入した筆者の場合、メンテプロパック18というパック商品を○○円で購入しました。
もちろん、価格面で考えればガソリンスタンドなどの方が少し割安かもしれませんが、
パック商品のいい所は、全国の日産販売店で手軽に車をメンテナンスしてもらえること、
そして、故障発生時も、自社の車なので対応が早いことが挙げられます。

初期費用(任意)

クルマを安全、そして快適に使用するための備品です。
・充電器 :1000~3000円
・消臭剤 :1000円
・ドライブレコーダー :3~10万円
・グラス加工 :8~12万円
→車体表面をコーティングすることで、汚れから車体を守ります。

1カ月に一度

・任意自動車保険:5000円~15000円/月
加入は義務ではありませんが、ほぼ必須と言っても過言ではありません。
有名な加入先に、東京海上日動、損保ジャパン、ソニー損保などが挙げられます。
保険料は、加入歴、年齢、事故歴によって変わります。
若い人ほど保険料が高い傾向にあります。
支払額を抑えるには、勤め先の会社の福利厚生、同居している親の等級を引き継ぐなどが有効です。

・駐車場代
月極駐車場の相場は地価によって大きく変わります。都道府県別の平均月額の例として、
東京都  36000円
神奈川県 21000円
福岡県  18000円
山形県   5000円
が相場となっています。
もちろん、自宅に駐車場があればタダです。
なお、駐車場は自宅から2㎞圏内で確保しなければならない決まりになっています。(車庫証明書の発行で必要)
お住まいの地域の地価が高ければ、駐車場代も高くついてしまいます。

・ガソリン代 
燃費走行距離によって決まります。
コンパクトカーで1000㎞走行した場合、燃料費は約8000円となります。

・洗車代
主な洗車方法は安い順に、
自分で手洗い(300円/回)< 洗車機で洗車 (500円~1000円/回)  < プロの手洗い(2000円/回)
となります。
あとは頻度にもよりますが、年間10000円程度を見積もっておくと良いでしょう。

数年に1回

・法定費用(自動車税、重量税、自賠責保険料)
自動車税:毎年4月支払
重量税:車検時に支払
自賠責保険:車検時に支払

・スタッドレスタイヤ(雪国限定):10万円/3年
雪国ではスタッドレスタイヤは必須です。
タイヤの寿命は3年程度。
タイヤ本体の他に、着脱費用、保管費用を見積もる必要があります。
一点2万円×4輪+着脱費用=10万円/3年 が目安です。

・防錆加工 :2~3万円
車体下部を中心に錆が発生しないように加工します。
雪国や、凍結防止剤が撒かれる地域、海沿いなどで長期間使用すると、車体下部に錆が発生してしまい、機器の腐食につながったり、買取価格が下がってしまいます。

・車検(新車は初回だけ3年に1回、その他は2年に1回):5~12万円
車検費用=
法定費用(税金、保険料。排気量によって変動)

車検基本費用(車検業者によって変動)

部品交換費用(状態に応じて変動)
で決まります。

例えば、税金が安い軽自動車を、車検基本費用が安いカー用品店で車検を受けると約5万円。
コンパクトカー(1500cc)の場合、 カー用品店で 約8万円、カーディーラーで約10万円となります。

【失敗談付き】維持費は車購入前に計算しておこう!

私の友人は、都心部で一人暮らし、25歳以下という条件がそろったので、駐車場代と任意保険料がとても高くついてしまい、苦しい思いをしてました。
その割には、都心部なので日常生活の移動は、電車、バス、自転車で済んでしまうので、あまりマイカーを使う機会がなかったらしいです。
せっかくローンを組んで買った車を早々と手放すわけにもいかず、維持費とローンを支払い続けていました。
私は車購入に反対ではありませんが、前もって「本当にマイカーが必要なのか?」をじっくり考える必要があると思います。

そして、クルマを買う前に自分で維持費を見積もってみることをオススメします。

とは言っても、全て見積もるのはメンドクサイ!

そんな方はまず、駐車場代、任意保険料、燃料代を計算してみるといいでしょう!
この3つは額も大きく、所有者によって大きく変動するからです。
その他は大差ないので、上の表と同じでも大丈夫です。
ざっくりですが、今後支払う維持費が分かり、支払い計画を立てる参考になるでしょう!

本記事では、マイカーの維持費について具体的な項目別に解説しました。
長期間マイカーを所持し続けると、車体本体価格より高い維持費がかかってしまうこともザラにあります。
だからこそ、購入前に一度立ち止まって見積もってみましょう!
この記事を読んだ方が、笑顔でマイカーに乗り続けてくれるようになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました