扁桃腺摘出手術1年後の経過

扁桃炎摘出手術体験記
スポンサーリンク

扁桃腺摘出手術後、1年間が経過した筆者の体験から、「手術をして変わったこと」、「結局手術をしてよかったのか?」「手術のメリット・デメリット」について解説します。

扁桃腺摘出手術をするか迷っている方がいれば要必見です。

スポンサーリンク

術後1年でわかったこと

高熱は出なくなる?

扁桃腺摘出手術から1年間、高熱を出すことはありませんでした。術後半年後の季節の変わり目に体調を崩し、1度37.5度の発熱はありましたが、2~3日の静養で完治しました。恐らく扁桃腺手術前であれば、些細な体調不良がきっかけで扁桃腺が腫れ、39度の発熱で1週間程度苦しんでいたことでしょう。また、手術前にはよくあった、少し疲れただけで高熱は出ずとも何となく喉が腫れたように感じることも無くなりました。

喉の違和感はある?

扁桃腺摘出による喉の違和感、痛みは全くありません。そもそも扁桃腺を切除しても、扁桃腺が無くなったという感覚はありません。辛い料理も、固い食べ物も、お酒も問題なく楽しめます。大きな声を出しても問題ありません。術後1カ月程度が経てば、これまで通りの生活が送れます。

いびき・睡眠時無呼吸症候群がなくなる?

慢性扁桃炎になれば、喉の腫れにより呼吸時に空気の通り道を塞いでしまうため、いびきが大きくなる、または睡眠時に呼吸ができなくなるなどの弊害があります。口呼吸をすることで口臭が臭くなるという人もいます。扁桃腺の切除により空気の通り道が広くなるので、睡眠時無呼吸症候群、いびき、口臭の悩みが解決されるという人もいます。ですが私の場合、手術前に不快に感じていたことも無く、扁桃腺切除後に睡眠の質が向上したと感じることもありませんでした。

声は変わった?

声は変わりません!扁桃腺は声帯とは違う器官なので声が変わることは基本的にはないそうです。たしかに手術後1~2週間程度は喉が腫れていて痛かったので少しこもったような喋り方になってましたが、のどの腫れがひくとともに声としゃべり方は元に戻りました。

歌が上手くなるって本当?

私の場合、手術前後で歌が上手くなったとも下手になったとも感じません。ただし扁桃腺を切除したことにより、声が出しやすくなって歌が上手くなることはあります。慢性扁桃炎(高熱は出ないが常に扁桃腺が腫れている状態)の場合、喉が腫れて声が出しづらい状態になります。実際、ももいろクローバーZの有安杏果さんは扁桃腺が慢性化し、思うように歌えないから扁桃腺を切除したとも言ってます。扁桃腺摘出手術をすることで、アイドルとして問題なく歌えるようになったとのことです。扁桃腺は声帯ではないので、必ず歌が上手くなるわけではありませんが、喉が腫れることがなくなるので、歌いやすくなるというのが答えになります。

結論:手術してよかった

私はわずか半年の間に3回も扁桃炎を繰り返したため、手術に踏み切りました。結論、手術でとても健康かつ快適になりました。また、手術前にデメリットに感じていたこともありましたが、メリットの方が上回ると思います。

メリット

以降一生にわたって扁桃炎になるリスクがゼロになる

扁桃腺は一度とってしまえば、扁桃腺の腫れによる高熱のリスクはゼロになります。これまで数か月に1度高熱が出ていたのも無くなります。

突発的な扁桃炎により予定を流すことがなくなる

残念ながら扁桃炎というのは突発的にやってきます。家族や友人との大事な予定の前や、職場の業務繫忙期に扁桃腺になると、周囲に迷惑をかけてしまい、とてもつらい気分になります。いつ高熱が出るか分からないというストレスから解放され、健康に過ごせるのは大きなメリットです。

デメリット

費用が高い

手術によりかかる費用は、前後の通院費、準備費用、通院費用を含め10万円程度かかります。
ですが、手術をしなかった場合、扁桃炎により家族や友人との大事な予定を流してしまったり、仕事のパフォーマンスが落ちて周りに迷惑をかけることを考えれば、10万円は安いのではないでしょうか。

まとまった休みが必要

扁桃腺の手術は、10日程度の入院期間とその後3日ほど静養が必要となります。実際、私は入院から職場復帰までちょうど2週間かかりました。たしかに社会人にとって2週間の休暇は少し気が引けてしまうのは事実です。
ですが、私のように年末年始などの長期休暇と被るように入院期間を設定すれば休暇日数は減らせます。また、入院の日程は1~2カ月前に計画的に決めることができるので、職場への負担を最小限に抑えることができます。

手術後は痛い

私は術後1週間~2週間程度はのどの痛みに苦しみました。特に術後5日程度は食事をとるのも地獄でした。ですが今思えば、39度の高熱もなかなかの地獄です。手術の痛みはしばらく耐えればもう二度と感じることはありませんが、何度も扁桃炎で高熱を出して周りに迷惑をかけることも考えれば、むしろ手術をしない方が身体的にも精神的にも苦痛です。

まとめ

本記事では、扁桃腺摘出手術後1年後の経過を報告しました。たしかに扁桃腺手術には2週間程度の休みと10万円程度の費用がかかり、術後しばらくは痛みに苦しみます。しかしそれ以上に、ひとたび手術後をしてしまえば不安なく健康に過ごせるというメリットがあります。慢性的に扁桃炎に悩まされている読者の方は、一度手術による切除も前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました