【スマートEX】遅延時に大活躍する理由

新幹線
スポンサーリンク

新幹線は定時運行することで有名ですが、まれに自然災害や車両・線路トラブルにより、大規模な遅延が発生することがあります。

東海道新幹線 運転再開後も大幅遅れ続く 停電は架線断線が原因 | NHK
【NHK】全線で一時運転を見合わせていた東海道新幹線は、18日午後5時に運転を再開しましたが、大幅な遅れが出ています。JR東海は乗…

筆者は月に2回ほど新幹線を利用しますが、運悪く長時間の運転見合わせを経験しました。大規模な遅延を経験した方なら分かると思いますが、駅や新幹線車内はかなりカオスな状態になります。中には指定列車が来るまで何時間も待ったり、券売機の長蛇の列に並んだ方もいることでしょう。

しかし、スマートEXがあれば遅延時のカオスな状態から解放されます。本記事では、東海道新幹線において遅延時に起こることと、スマートEXの有用性について解説していきたいと思います。

この記事を読めば、新幹線遅延時でもスマートEXを使ってかしこく移動ができますよ!

スポンサーリンク

東海道新幹線が遅れると何が起きるのか?

列車の順序がめちゃくちゃになる

ひとたび大規模な遅延が発生してしまうと、列車の順序がバラバラになります。例えば、写真のように19:15発のぞみ号の次は16:54発こだま号のように番狂わせが発生します。

これには2つ理由があります。まず1つに、新大阪→東京方面の場合、博多方面から東京へ直通する列車は遅れを引きずりながら運行しますが、途中駅発車(新大阪始発など)の列車は遅れがリセットされるからです。新大阪駅の東海道新幹線上り列車において、博多始発の列車が大幅遅延しているのに新大阪始発の列車は定刻通りなんてことはよくあることです。それから2つ目に、乗務員の手配の都合や列車運用の都合などによって列車を思うように手配できないことがあるからです。このように、ダイヤが乱れたときの番狂わせは日常茶飯事です。

駅が大混雑

改札前には発車時刻が表示される電光掲示板を眺めながら立ちんぼする乗客であふれかえります。都市部の在来線であれば、運転見合わせ時は私鉄などで振替輸送がありますが、新幹線は替えが利かないため、列車が止まった分だけ乗れなかった乗客が滞留してしまうためです。また、運転が再開されたとしても、ぷらっとこだまやパッケージ旅行商品などの変更が不可能なチケットを持っている人は、指定列車が来るのを待つしかありません。新大阪駅でも改札が封鎖されているのかと思うほど、改札前に人垣ができていました。

有人窓口が大混雑

指定席券売機を使いこなせない乗客、払い戻し手続き(実は1年間可能)、クレーム対応などにより大混雑します。待てど暮らせど列は全然進まないので、時間の無駄です。

券売機が大混雑

通常の週末の混雑具合

券売機に並んで新幹線に乗るという選択肢は遅延時には足かせになります。券売機に並ぶパターンは以下の3つです。

①一度紙で受け取ったきっぷの乗車変更
指定席券売機で購入または受け取ったきっぷを変更する場合には、再度券売機で変更手続きを行わなければなりません。

②ネット予約の受取
E5489などでおネット予約をした場合、乗車前に券売機で受取が必要です。ダイヤ乱れが無ければスムーズに受け取れますが、①の乗客が大量に券売機に並ぶため、長時間待たされることになります。

③きっぷの新規購入
ダイヤ乱れ時には、どの列車が先着する分からない状況なので、購入に時間がかかり余計に混雑します。

自由席が大混雑

列車の発着順序がわからない中でとりあえず早く目的地へ到着したい、指定席きっぷの乗車変更が手間なのでとりあえず自由席に乗る人で混雑します。のぞみ号の自由席は3両しかないので、立ち客も多くてとても殺伐としています。

指定席がガラガラ!

駅構内には大量の乗客が滞留している割に、指定席の車内は意外と空いています。これは、
・当該列車を諦めて他列車の自由席に変更もしくは旅行を取りやめるから。
・発車予定時刻を過ぎてから指定席券を購入することができないため。(※スマートEX除く)

実は、大幅に遅延したときには指定席がガラガラになるので、別の列車の指定席券を持っている場合でも、空いている指定席に乗車できるという特例がありますが、多くの人はこのルールを知らないため、指定席がガラガラになります。

【オススメ】遅延時こそスマートEX!

並ばなくてもいい!

新幹線に遅延が発生したときの券売機・窓口はとても混雑します。そんな時に手持ちのスマホで予約、交通系ICで乗車ができるスマートEXがあれば、混雑する券売機をスルーしてそのまま駅構内に入れてしまいます。

また、改札通過前であれば列車の変更がスマホ上無料で何度でも可能なので、列車の発着順序がコロコロ変わったとしても、柔軟に変更が可能です。

直近で発車する列車がわかる!

スマートEXのアプリ上で、直近で発車する予定の列車を予約することができます。当然、発車予定時刻と列車の順序は見込みなので、多少前後することはあります。しかし、駅に着く前から列車の時刻を踏まえた上で予約までできるのは大きなメリットです。もう駅の電光掲示板をみてから、いつ発車するか分からない列車の指定席を、大混雑する券売機で買わなくて済みます。

ネット上で払い戻しが完結

紙のきっぷでも1年以内に払い戻しは受けられますが、有人窓口に並ぶ必要があります。スマートEXなら、ネット上で自動的に払い戻しがされるので、窓口に並ぶ必要がありません。

まとめ

本記事では、東海道新幹線において遅延時に混雑する理由、そしてスマートEXの有用性について解説しました。スマートEXがあれば、遅延時でも券売機に並ばずに最速で目的地にたどり着くことができます。

スマートEXは手持ちのスマホと交通系ICカードさえあれば、誰でも簡単に無料で会員登録できます。まだスマートEXの会員でない方は、この機会に是非インストールしてみてはいかがでしょうか。

スマートEX 新幹線のスマホの窓口
東海道・山陽新幹線(東京~博多)の新しいネット予約&チケットレスサービス「スマートEX」は簡単な登録操作ですぐに利用できる年会費無料のサービスです。
タイトルとURLをコピーしました